ヘッドスピードも上がり、ミート率も高くなるフィニッシュとは?

<スポンサーリンク>
遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック

フィニッシュでは体が止まった状態でボールの行方を見よう

左足に体重がしっかり乗ると、バランスを崩しにくい!
バランスを崩すほど体を回すのはナンセンス!

ゴルフスイング フィニッシュ コツ

 

アマチュアゴルファーにとって、プロと同じような形を作りにくいのはフィニッシュです。

 

松山英樹やロリー・マキロイのようにしっかりと体を回し、右肩が目標を向くようにしたいところですが、無理に体を回してバランスを崩してはミスを生むだけです。

 

そこで、是非お勧めしたいポイントが3つあります

  • 胸を目標に向けるぐらい体を回す事
  • 肩よりも両手を高く上げること
  • 足元がグラつかないようにする事

 

この3ポイントさえ守ることが出来れば、結果的にヘッドスピードも上がるし、ミート率も高くなるので、飛距離、方向性がアップします。

 

くれぐれも中途半端に終わるスイングだけは避けましょう。

 

 

 

 

 

 

ポイント1 胸を目標に向けよう
体が4硬い人は無理に肩を回さなくてもいい。
ただし、最低でも胸を目標に向けるまでは体を回すこと。

 

ポイント2 両手を肩よりも高く上げる
フォロースルーで上体の前傾角度を変えることなく、ヘッドが先行するように振る抜くことが出来れば、自然と両手は肩よりも高い位置に上がる

 

ポイント3 左足に体重を乗せてバランスよく立つ
左足に体重を乗せ右足は支える程度にする

気持ちよく立っていられる自分なりの重心位置を見つけよう

タオルを股の間に挟み、抜けないような形をつくる

ゴルフスイング フォロースルー

 

フィニッシュでバランスを崩さない為の練習方法

  • 座布団の上に載り、エア素振りを行うのがいいでしょう。
  • 左右それぞれの足の下に、クッションやバランスディスクを置いても構いません。
  • その上でもきちんとフィニッシュをとれるかどうかをチェックします。
  • フィニッシュがとれない人は、振りすぎか重心の位置に問題があります。

 

生活する中で、歩行時に重心がどこにあるのかを意識すると、スイングをしたときの重心位置が分かるようになります。

 

また、右足に体重が残ってしまう人は、股の間にタオルを挟み、シャドースイングをしてみましょう。

 

フィニッシュでタオルを引っ張っても抜けなければ、左足に体重がしっかり乗っています。

 

逆に、右足に体重が残っている人はフィニッシュでタオルを引っ張ると、簡単に抜けてしまいます。

 

 

ポイント1 両太ももの愛だが締まっていればタオルが抜けない
タオルが抜けないぐらい足を締めるには、左足」に体重を乗せるしかない
右足に体重が残ると、両足が締まらないのでタオルは簡単に抜けてしまう。

 

ポイント2 座布団の上でエア素振りを行おう
座布団でもクッションでもバランスディスクでも構わない。
不安定な状態をつくり、そこでえあ素振りを行う。
フィニッシュでバランスよく立つことが出来たときの重心位置を体で覚える

 

ポイント3 バランスの良いフィニッシュは左足に9割体重が乗る
左足に9割体重が乗れば7、飛距離も方向性もアップする