下半身がスタートしても上体はもうひと捻りする

<スポンサーリンク>
遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック

下半身がスタートしても上体はもうひと捻りする

タメを作れるかどうかで飛距離が大きく変わってくる

ゴルフスイング トップからの切り返し

トップからの切り返しはスローモーションのイメージで行う

 

バックスイングで右足に体重がのりました ⇒ トップスイングが完成しました ⇒ 左足に体重を乗せましょう。
では、アドレスからの努力が何の意味もなくなってしまいます。

 

トップスイングからダウンスイングへ移る時に、タメが無かったら折角貯めたパワーをロスしてしまうことになります。

 

この時のタメとは、上体と下半身の動くベクトルの違いです。
下半身は目標方向に動き始めていますが、上体はまだ右サイドに回転しています。

 

もちろん、肉眼ではなかなか分かりにくい微妙な動きなので、実際に、連続写真などを見ることで、始めて認識できる動きだ思って下さい。

 

しかし、この動きがあるかないかによって、スイングはもちろんのこと、打球に大きな違いが生まれてきます。

 

切り返しで大切なのは、ボールを見るという行為に対して、出来るだけ目線の揺れを抑えることです。

 

そのためにはスローモーションの感覚で切り返しを行います

 

スイング中はボールを凝視せず漠然と見ている感じでいい
ビギナーの方への、代表的なアドバイスの一つに、ボールをよく見ろと言うことがあります。

 

しかし、ボールをよく見ようとすると頭が動かなくなり、バックスイングをスムースに行えません。

 

ツアープロの場合、ボールを見ているものの、凝視する感覚はないのが実情で、あくまでも漠然と見ているだけです。

 

この感覚をダウンスイングへの切り返しまでキープする事で、切り返しそのものを、ゆっくりと行う事が出来、タメをつくれるようになります。

 

ポイント1 上体と下半身の動きの時間差が切り返しでタメを作る
上体はまだ右サイドに回り続けているが、下半身は目標方向に動き出している。
これがタメをつくる。

 

ポイント2 ボールを凝視しなければ体をあとひと捻りできる
ボールに対する視点は外さないが、漠然と見ることによって体の動きを抑制されることがなくなる。
その結果、もうひと捻りを行うと同時に、左足に体重を移し始める準備を行える

胸の前でクラブを抱えながらからだを回してみよう

ほんの2センチだけクラブを上に上げるいイメージ

ゴルフスイング タメをつくる

 

タメをつくる動きを、実際のスイングでいきなり行うのは難しいと思いますので、次の様な練習方法を紹介します。

 

  • まず、両腕を胸の前で交差します。
  • そこにクラブを挟んでみましょう。
  • スタンスを広げたら、上体を前傾させてアドレスの形を作ります。
  • そこからバックスイングを行い、トップスイングまで行ったら、ほんの少しだけさらに肩を回します。
  • ポイントは、このとき下半身はダウンスイングをスタートさせることです。
  • そのきっかけとなる動きは、左サイドのベルトから下を同時に動かすことですが、その際『よし、打ちにいくぞ!』(下半身)『いや、もう少しだけ上に行かせて』(上体)
  • という会話が上体と下半身で交わされているとイメージしながら時間差を作りだしましょう。

 

トップスイングからさらに肩を回す実際の度合いは、ツアープロで5センチぐらい、アマチュアなら2センチほど両手を上に上げる感じです。

 

その間、下半身が動く距離は2~3センチで構いません

 

ポイント1 上と下の時間差をつくるためにあと少し肩を深く回す
実際のスイングでは上体も下半身も反対に動く距離は短くなるが、ドリルでは上体と下半身の動きが逆になることを実感するために、極端に行って構わない

 

ポイント2 ベルトから下を動かすことで、左サイドの下半身リードを開始
ダウンスイングの開始は左サイドのベルトから下を同時に動かすことから始める。
このとき、左足カカトを上げていたら地面に下ろす

ライトフライとライトライナーをイメージしてボールを打つ!

クローズスタンスに構えインサイドアウトに振り抜く

ゴルフスイング インサイドアウト

 

正しい切り返しをマスターするための練習方法を紹介、第一段階は野球でいうところのライトフライを打つこと。

 

目標より右に向かって高いテンプラを打つイメージです。

 

どのように打てばいいのか説明しましょう。

  • まず、右サイドンに打ち出したいので、スイング軌道はインサイドアウトになります。
  • 切り返しで右肩が前に出てしまうと、アウトサイドインの軌道になってしまうため、ライトフライではなくサードゴロになってしまいます。
  • ティアップを高めにしてクローズスタンスに構えたら、インサイドアウトの軌道で少しアッパーブロー気味にヘッドを振り抜きます。
  • これでライトフライになります。

 

ゴルフスイング レベルスイング

第2段階はライトライナーを打つことです。

 

先ほどのライトフライを打つ打ち方はゴルフスイングではイレギュラーですが、ライトライナーはかなりゴルフスイングに近づきます。

 

クローズドスタンスでインサイドアウトの軌道は同じですが、極端なアッパーブローには振りません。

 

レベルブローのイメージで振り抜きましょう。

 

ライトフライのように極端に右肩が下がったり、右足体重で打つことは必要ありません。

最終段階はピッチャー返しを打つイメージで振り抜く

右ヒジを絞り込めれば右肩が前に出るのを防げる

ゴルフスイング 右ヒジの使い方

第3段階は、ピッチャー返しです。
二塁手が二塁ベースよりで捕るセカンドゴロのイメージでいいでしょう。
要は、そのまま目標に向かってボールを打っていきます。

 

第1段階、第2段階を経ているので、ダウンスイングで右肩が前に出る動きは無いはずです。

 

逆に言えば、右肩が前に出なくなるまでは、第1、第2段階の練習を繰り返すべきです。

 

目安としては、練習場で2時間ぐらいかけて、各段階それぞれ50球ぐらいずつ打ってもいいでしょう。

 

それでも右肩が前に出るという人は、右ヒジの絞り込みのイメージを出すことです。

 

右ヒジは体につけるぐらい絞り込みます。

 

右手1本でクラブを持って素振りでも構いません。

 

絞り込みが出来ると、先ほどのライトフライも打ちやすくなります。

 

右ヒジの絞り込みによって右肩を前に出さない動きができれば、インパクトへの準備ができたと言えます。

 

ポイント1 右肩を前に出さずにアッパーブローを意識する
クローズドスタンスに構え、インサイドアウトに振り抜く。
ボールを高く上げるには。、アッパーブローに打ちたいので、ダウンスイングでは右肩が大きく下がる

 

ポイント2 ライトライナーを打つ感覚でレベルブローに振る
ライトレベルはゴルフスイングとしてはイレギュラーだが、右肩を前に出さない目的は十分果たしている。
今度はそれをゴルフスイングに近づける。
それがライトライナーだ