インパクトゾーンでのヘッドの動きを確認

<スポンサーリンク>
遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック

インパクトゾーンでのヘッドの動きを確認する

真っすぐなインパクトゾーンを素振りで確認しよう

ゴルフスイング ドローボールの打ち方

 

真っすぐなインパクトゾーンを素振りで確認しよう

 

 自分がイメージしたように、スイング軌道を自由に変えることが出来たら、ドローボールとフェードボールの打ち分けは簡単に出来ちゃいます。

 

インサイドアウトのスイング軌道で振ればドロードールが打てるし、アウトサイドインの軌道で振ればフェードボールが打てます。

 

ところが、実際に打ってみると難しく、思うようにボールを曲げることが出来なかったりします。

 

それは、基本となるスイング軌道が出来ていない事にあるので、自分がストレートのインパクトゾーンがつくれているかを確認しましょう。

 

インパクトゾーンでヘッドを真っすぐ動かすことが出来なければ、ドローボールとフェードボールを打ち分けることは出来ません!

 

自分が真っすぐの軌道でスイングしているつもりでも、アウトサイドイン軌道だった場合は、フェースが目標に対してスクエアならスライスがでるし、フェースを返せば引っかけが出てしまいます。

 

 この軌道を基準にしてスイング軌道を変えても、アウトサイドインに振れば、さらにその度合いが
大きくなるし、インサイドアウトならばストレート軌道になるはずです。

 

これではドローボールややフェードボールを打てと言っても無理でしょう。

 

 短い距離でもいいので、まずは自分がヘッドを真っすぐ動かせているかどうかを確認し、出来ていないのなら、どう動かせば真っすぐな軌道になるのかを知ってから、ドローやフェードの打ち方の習得に進みましょう。

 

ポイント1 真っすぐなスイング軌道ならティペッグに当たらない
自分から見て、ボールから少し離れた右斜め上に1本、左斜め下に1本のティペッグを刺す。
ボールを取り除いてティペッグだけを残したら、そのティペッグを打つつもりでスイングしよう。
右斜め上と左斜め下のティペッグにヘッドが当たらなければストレートのインパクトゾーンとなっている証拠だ。
念のため、ボールの右斜め下と左斜め上にティペッグを差し替えたパターンでも同様に試そう。

 

ポイント2 ゆっくり振って真っすぐなインパクトゾーンをチェックする
クラブをゆっくり動かして、自分が真っすぐなインパクトゾーンを作っているかどうかを確認する。
そのイメージを頭に残しておけば軌道のチェックは自分一人でも出来る。

練習場でドローボールやフェードボールを打つ練習方法

練習場でドローボールやフェードボールの練習をするなら水で濡らしたティッシュを置く
極端に右や左を向かずティッシュもボールから離さない

ゴルフスイング ドローボール練習方法

 

 真っすぐなインパクトゾーンをつくったら、ドローとフェードに応じたスイング軌道で実際にボールを打ってみましょう。

 

練習場ではティペッグが刺さらないので、ティッシュパーパーをボール大に丸めた状態でボールの前後に置きます。
風で飛ばされないように、水で濡らしておくといいでしょう。

 

 ドローを打つ場合はインサイドアウトの軌道で振りますが、このときボールの右斜め上と左斜め下置いたティッシュを打ってしまう人は、アウトサイドから振ってしまっています。

 

同様に、フェードを打つ時はボールの右斜め下と左斜め上にティッシュを置き、アウトサイドインの軌道でスイングしてみましょう。

 

これでティッシュを打ってしまう人は、インサイドから振り下ろしている証拠になります。

 

 また、いくらインサイドアウトに振るからといって極端に右を向いたり、ボールの前後二ティッシュを離し過ぎても意味がありません。

 

あくまでも軽く右を向くくらいのスタンスで構え、手を広げた時の親指から小指までの範囲内にセットしましょう。

ゴルフスイング スイング軌道

ポイント1 ドローボールを打つ時はインサイドアウトに振る
練習場ではボールの右斜め上と左斜め下に丸めたティッシュを置き、それにヘッドが当たらないようにボールを打つ、風で飛ばいように水に濡らしておく

 

ポイント2 基準となるガイドラインを置く
極端に右や左を向きすぎないように、飛球線と平行にスティックをやクラブを足元に置く