下半身主導のダウンスイング トップからの切り返し

<スポンサーリンク>
遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック

松山英樹のタメのあるゴルフスイング

松山英樹のタメのあるゴルフスイングは、腕が最後に動くからタメが出来る!

ゴルフスイング基本

 

体の回転に引っ張られ、腕が最後に動くことでタメがつくられる!

 

タメを作るには、ダウンスイングを下半身から行えばいいんです。
下半身から始動すると体は《下半身 ⇒ 上半身 ⇒ 腕》の順で動きます。

 

腕は最後に体の回転に引っ張られて受動的に動くため、ハーフウエーダウンまでコックがほどかれずにキープされます。

 

プロの場合、切り返しで左足を踏み込むと同時に腰を回して、下半身主導のダウンスイングを行っている人が多いです。

切り返しで右カカトを上げ

ゴルフスイング 切り返し

 

切り返しで右カカトを上げ腕を体に引く付けて下ろす

 

アマチュアグゴルファーの多くは、左足の踏み込みで切り返しを始めると、下半身が流れて上手くいかないと思います。

 

代わりに右カカトを上げ、それをきっかけにダウンスイングに入ると、体重がスムースに左足に乗っていくと思います。

 

同時に右ワキを締めてクラブを振り下ろせば、コックは自然にリリースされ、タメの効いたスイングになります。

松山英樹プロのゴルフスイング分析-ドライバー-

 

松山英樹のゴルフスイングはどうして飛距離が出るのか?
その秘密は縦のツイスト打法にあり!

 

松山英樹はアメリカツアーでも、大きなスイングアークとダイナミックなスイングで飛距離を出し、アメリカツアーでも十分通用しました。

 

飛距離の秘密は、ツイスト打法にあると言う人もいますが、おそらく本人達にはツイスト打法という自覚はないと思います。

 

縦のツイスト打法ってどんな打ち方なのか?

 

今までのツイストはボールの進行方向に対して、ブレーキをかけるか、反対方向へ力をかけました。

 

このツイスト打法では、力を縦方向にかけます。縦にかける事によって、ヘッドスピードが加速します。

 

しかし、これがなかなか出来ません。

 

下半身が強くないと打てない打ち方で、ある程度の脚力がないとできない打ち方だそうです。

 

今までのツイスト打法とは違って、関節レベルで動きを変える訳ではない。

 

下半身の筋力でスイング中に上下にブレーキをかけて、ヘッドスピードをアップさせる打ち方なんです。

 

縦方向にブレーキをかけてヘッドを前に走らせ、前傾角度を維持して左膝を伸ばす

 

実際に縦のツイスト打法のスイングは、アドレスからバックスイングまでは通常のスイングと同じです。

 

ダウンスイングの途中で、左膝を思い切り伸ばします。
ただし、下半身は上下に伸ばしながらも前傾は崩しません。

 

頭の位置を前後(飛球線方向)に動かさない様に、気を付けている人は多いと思いますが、これは上下に動かさない様にします。

 

 

テレビの映像やyoutubeのスイング動画などを見ても、左膝が一気に伸び上がりながらも、頭はの位置は変わらず、前傾姿勢が維持されています。

 

これが縦のツイストです。

 

本来、体の左右に運動しているゴルフクラブやヘッドに対して、体を上下に使いブレーキをかける。

 

体の左右への運動を、強制的に止めてクラブヘッドを爆発的に加速させます。

 

彼らが使う非常に硬いシャフトでも、ツイストをかけた瞬間、大きくしなるのが分かります。

 

 

実はこれこそが、我々アマチュアゴルファーのお手本ともいえる、飛距離アップの道かもしれません?

 

 

年齢や体力(女性でも)に関係なく、遠くに正確に打っていける打ち方は、プロならではの打ち方というより、アマチュアの為のゴルフスイングだと思います。